雑談「ルミや、お誕生日おめでとう♪」

 
われらがルミや~♪(=イ・ジアさん)

お誕生日(2月2日)おめでとうございまーすvvv

 
 
思い起こせば2010年夏(だったはず)。

職場の韓ドラ好きさんから、「クラシックが好きならこれ面白いかも?」と貸してもらったDVD「ベートーベン・ウィルス」。

その人は、「私はヒロインはあまり好きじゃなかったけど・・・」と言っていました。

「へえ、そうなんだ」と、しげしげとディスクを見、「・・・初めて見るタイトルだなあ」と思っていたのを覚えています。

それまで借りてた「宮」とか「コーヒープリンス1号店」は、どこかで一度は目にしたタイトル、内容も大まかには知っていて見始めたものだったのが、
「ベバ」だけは予備知識まったくなく、「ふーん???」と見始めたんです。
普段から芸能情報うといもので、実はチャン・グンソクさんもこれが初見。
(なのでいまだにグンソクさんはゴヌのイメージで、世間一般の髪が長くて優し気な彼は、別の生き物のように思えます(笑))

ネットでは、ルミのことを悪く言う人も時々いらして、私も「わからなくもないなあ」と思うことも正直あります。
私も導入部ではルミにあまり感情移入できなかったですから。

でもどのあたりからかなー・・・。たぶん、
・耳が聞こえなくなるかも、と言いつつモリモリ食べるところ

・「悩んでるつもりなんだけど、夜いつの間にか寝ちゃうし」
というあたりでコロッとルミびいきに変わったんだと思います。
もうね、ほんと、大食の女の子大好きよ。気持ちのいい食べ方をする女の子、大好きですから。
・・・まあ基本、女の子スキーなわけですけど。

そうなったらもう、坂道転げるように、ルミかわいい!!の連続になりまして、
ビスケット7枚シーンなんて、困った感じであっちを向いてしまうカン・マエにもキュン萌えしたけど、なによりルミの大泣きが胸に刺さったもんなぁ・・・。

今ではもう、ルミ大好きだよ~!と、ほとんどカン・マエと奪い合うようにして(←?)溺愛してるんだから、人間、わからないものですね。
2度目に見たときには、「あんたはサリエリよっ!」も「カン・マエ、アイラビュ~ンvv」も文句なく大好物になっていましたし。

でもそうして考えると、私、5話の「ナマンタラワ~」までカン・マエのことむちゃくちゃ怖くて、あの毒舌場面が苦手なくらいだったから、
さらに前半のルミを苦手だったことを思うと、

よく途中で挫折せず、最後まで見通したよね・・・(温笑)

と、当時の自分に言いたくもなりますね。

そこからはや7年近く。
こうしてブログまで始めちゃって、捏造小説書き散らかして、それでもまだルミや~ルミや~と言っているのですから、出会いっていうのは本当に分からないものです。

ということで、ルミに出会ったことに感謝し、出会わせてくれた(演じてくれた)イ・ジアさんに感謝して、毎年恒例ではありますが、
2月2日、トゥ・ルミお誕生日おめでとう!!!!イ・ジアさんおめでとう!!!!

と叫んで本日はここまで。

次回は、「今さら感」漂いますが、昨秋に実施した投票企画「やっぱりベバが好き!」の結果報告の予定です。
あきれずにお待ちいただけると嬉しいです♪

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」(ベバ)に感染し、勢い余って二次創作・二次小説(SS)に進んでしまいました。 妄想では続編も含めてひたすらカン・マエとルミの恋愛面のみ描きます。
About me
韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」に感染し、期間限定でカン・マエ万歳な妄想(二次創作)を綴っていきたいと、突如ブログを立ち上げた猪突猛進型主婦。
恋をしなくても生きていけるけど、恋愛要素がないと生きていけない。